ブラック企業ならぬブラックバイト

『ブラック企業』という言葉は馴染みがありますが、

皆さん『ブラックバイト』をご存知でしょうか?

昨今、ブラック企業で働き過労死をしてしまう方、鬱になってしまう方が多いです。

しかしこういった悩みを持っているのは正社員だけじゃないんです。

実はアルバイトでもブラックな職場が増えているのです。

アルバイトだからといって正社員よりも雑に扱われてしまうことが最近多いんですよね。

ブラックバイトでよくあるケース

・シフトが入っていた日に突然休みになる

・タイムカードを打刻する前に朝礼(出勤前)

・シフトが入っていない日にミーティングをする(時給は発生しない)

・シフト通りの時間ではなく、急遽遅い時間まで勤務をさせられる

など…

様々なケースがありますが、どれも不当な扱いには違いありません。

では、なぜこのような問題が起きてしまうのか?

理由としてあがるのは、学生が働いているケースが多いため

社会人経験のない学生は、この現状が正しいのかどうかの判断ができないのです。

その結果不当な条件でのアルバイト勤務をしてしまっていることが多いです。

問題がおきるまで気付かないんですよね。

どんな問題が起きるのか?

一番多いのが、学業に支障が出てしまうケース。

学生でまず優先すべきは学業ですよね。

にも関わらず、

シフトが夜中まで入れられていて次の日学校に遅刻してしまう

なんてトラブルが現在頻発しています。

最初は支障がでないようにシフトを入れていたのに、だんだん時間をのばされていつの間にか夜中までいつも働いてしまっている。

悲しいですが、よく聞く話です。

ミーティングと称して夜中にアルバイト先へ呼び出しがかかってしまうというのも同様に被害が出てしまっているようですね。

解決策は?

まず被害が出る前に、ご両親やまわりの人に現状を相談してみましょう。

自分で判断ができないのであればまわりに判断してもらえば良いのです。

雇用されている以上、働く側の人間としての権利がきちんとあるのでアルバイトだからといって不当な雇用を受け入れる必要など全くないです。

少しでも自分が働いている環境がおかしいなと思ったらすぐに誰かに相談してみましょう。

きっと第三者の視点からきちんとアドバイスがもらえると思います。

相談できる人がいない…なんてときは退職代行サービスEspoirの無料相談をご利用ください。

退職代行を頼む予定がない方でも退職へのご相談のみ無料でお受けしております。

退職代行サービスEspoir⇒https://daikou-espoir.com/

電話、メール、LINEでもご相談を承っておりますのでお気軽にお問合せください!

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*